意外と知らないエレベーターのマナー あなたは大丈夫!?

基本的なエレベーターのマナー

エレベーターは他の利用者と一緒の場面が多いため、
臨機応変な振る舞いが求められます。
ここではプライベートでも、
ビジネスシーンでも役に立つエレベーターのマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

上司とエレベーターに乗る時のマナーと立ち位置

乗る際に上司1人の場合は、
手でドアを抑えて先に乗っていただきます。

上司や複数のお客様などが一緒の場合は
「お先に失礼します」と先に乗り込み、
開ボタンを押すようにします。

降りる際は上司が必ず優先です。
ドアを抑えるか開ボタンを押して上司が降りるのを待ちます。

また、エレベーター内でも上座と下座があります。
操作パネルに近い方が下座で、エレベーターの奥側が上座です。

エレベーターの上座
満室であったり他の利用者がいたりする場合は、
マナー通りにはいかないこともありますが、
なるべく上司が上座の位置に乗れるように誘導するのが良いでしょう。

もし自分が途中で乗り込んだ時に
目上の方や上司がおられた場合は
「私が変わります」と笑顔で一声をかけて、
さりげなく立ち位置を交代するとスマートでしょう。

またエレベーターホールで待つときの立ち位置にも気をつけましょう。

基本的に降りる方が優先なので、
降りてくる方の邪魔にならないように
ドアの前では立たないようにしましょう。

スポンサーリンク

案内人としてのエレベーターのマナー

エレベーター内は奥が上座で操作パネル側が下座です。

同乗者がいない場合は先に乗って開ボタンを押して、
もう片方の手でドアを抑えます。

降りるときは案内人が「こちらでございます」
と声をかけてお客様に先に降りていただきます。

オペレーターがいるエレベーターの場合は、
「どうぞ」と声をかけて先に乗っていただきます。

降りるときは「こちらでございます」
と声をかけて案内人が先に降ります。

相手に背を向けないように注意しましょう。

【お客様をご案内する方法】


マンションでエレベーターを利用する際のマナー

乗り込むときに気を付けるマナーは降りる方を優先します。

エレベーターに最初に乗ったらボタンの操作をします。
他に乗る方がいたら開ボタンを押して待ちましょう。

そして後から乗る人が乗りやすいように、
奥に詰めるか端に寄ります。

出るときに他の方が開ボタンの操作をしてくださっていたら一言お礼を述べましょう。

大勢乗っていたエレベーターが来た場合は、
迷惑が掛かってしまうので
次のエレベーターを待ちましょう。

また中は密室なので
必要以上のおしゃべりは避けること、
飲食はしないことも基本的なマナーです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ