新入社員が効果的な歓迎会の挨拶をするためのノウハウ

新入社員
新入社員が歓迎会で上司に挨拶を頼まれることが多々あると思います。

新入社員は社会に出て間もないため、
歓迎会の挨拶で何を言えばいいのか分からなくて
お悩みになるのは無理もないでしょう。

そんな迷える新入社員のために、
歓迎会の挨拶の仕方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク


歓迎会の挨拶で意外と重要となる声の出し方

新入社員が歓迎会の挨拶をするポイントとして挙げられるのは、
最後列の人に聞こえる程度の声を出すことです。

あまりに大きな声を出し過ぎると、
社会人としての品格の無さを露呈してしまうことにつながります。

ですので、大き過ぎず小さ過ぎない声、
つまり会場の全員の方に聞こえるだろう、
という大きさで挨拶をするのが望ましいです。

大きな声で喋る人に抵抗感を抱く方がいらっしゃいますし、
逆に小さな声で聞こえなければ挨拶として成立しません。

声の出し方次第で、節度のある社会人として
歓迎会に出席した方全員に好印象を抱かせることにつながります。

もちろんそれぞれの個性があるので、
必ずしもこの通りにしなくても構いません。

体育会系の方や明るく元気がウリならば
大きすぎる声でもそれらしいでしょうし、
逆に決して元気ではないけど、
実直さがウリなら無理に大きい声を出さなくても大丈夫です。

但しいずれにせよ、
会場にいるこれからお世話になる諸先輩全員に挨拶する、
という意味合いで、
きちんと会場の後ろまで聞こえるレベルの声の大きさは意識しましょう。

新入社員が緊張感漂う歓迎会の挨拶を乗り切る方法

歓迎会の挨拶で自分の順番になった新入社員は、
人前で話す経験も少ないため、極度の緊張から、
周りをキョロキョロ見回してしまうことが起こりえるかもしれません。

こうしたことを未然に防ぐために、
相手の眉間を見るのが良いのだそうですよ。

相手と目を合わせるのが苦手な方は、
是非相手の眉間を見て緊張の場をやり過ごしてください。

特に広い会場で歓迎会の挨拶をする場合、
真ん中よりもやや後ろの方に視線を向けるのが効果的です。
少し余裕が出てきたら何となく全員を見るのではなく、
一人一人と目を合わせながら(眉間でもOK)ゆっくりと話してみましょう。

こうすることで挨拶をしている新入社員の気分が落ち着いていき、
プレッシャーに押し潰されずに済みます。

スポンサーリンク

偉い方にはどんな挨拶の仕方が好まれるのか

新入社員が挨拶で話す内容についてですが、
偉い方も歓迎会に出席するため、
極力慎んだ言葉遣いを心掛けてください。

言葉遣いはきちんと慎み深くしながらも、
内容的にはこれからどんな風に頑張って行きたいのか、
どんな仕事をしたいのか、
どんな社員を目指したいのかなど、
将来の事について意欲的に元気な内容で伝えられるとバッチリです。

高い役職に就いている方への挨拶の仕方としては、
配属先の部署や名前などを述べた後に、
仕事への情熱やご鞭撻の程宜しくお願いしますといった意思も
相手に伝える姿勢が重要となります。

新入社員が偉い人に挨拶をする際に、
下手をしたら冷や汗が出てしまう程に緊張しても無理もありませんが、
先の要点をおさえた挨拶の仕方で、
偉い方への効果的なアピールを実践してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ