副鼻腔炎の症状によく発熱が見られる原因は

a0001_015440
副鼻腔炎で発熱が伴う原因は炎症が副鼻腔で起きることで
体がその炎症と戦おうとするためだとされています。

また風邪のひき始めなどに鼻水などを放置すると
よく発熱につながることもあるようです。

あまりにも多くの膿が蓄積され、
それが炎症を起こし、発熱につながるのです。

ただの風邪だと勘違いしやすいですが、
他にも鼻から黄色や緑色の膿がでるなどの
特徴があるのでいつもの風邪と違うなと
感じれば早めに対処したほうが良いです。

スポンサーリンク


もしも発熱が出たときは

病院で治療を受けることをおすすめします。
もしも放置すれば症状はどんどん悪化していくことが多いです。

病院での治療法は副鼻腔の排液を改善し感染を治すために、
スプレー式点鼻薬などが処方されます。
抗生物質の投与なども加えて行われることがあるようです。

また家でできる対処法としては
湿らせたタオルを鼻の下にあてたり、
温かい飲み物を飲み、血管を緩め、
分泌物の排出を促すなどがあります。

子供が副鼻腔炎を患った場合も、まれですが発熱が起きます。
極度の疲労感などが伴いますから、
小さな子供の場合っは特に早めに病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク


副鼻腔炎の症状は発熱以外でも風邪によく似ています。
そのため内科を受ける人が多いのですが、
内科では副鼻腔炎は発見されず、長引いてしまうようです。

繰り返し熱が出たり風邪薬が効かない場合は
耳鼻科で一度みてもらいましょう。

副鼻腔炎にかからないためには

まず免疫力をつけることが大切です。
風邪やインフルエンザなどの鼻水で
副鼻腔炎につながることは多いので、
流行している時期などは特に注意が必要です。

また、鼻水が出るときはためずに
こまめにだすよう心がけることも大切です。

さらに近年花粉などが原因の
アレルギー性鼻炎に悩まされる人も多いので、
毎年ひどい鼻づまりに悩まされている人は
体質改善などをしていく必要もあるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ