結婚式招待状の返信はがき宛名側の書き方 正しいマナーとは?

henshin
結婚式の招待状が届いたら、
すぐに返さなくてはいけない返信はがき。

意外に分からなくなってしまうのが、
返信はがきの宛名側の書き方です。

縦書きの場合と横書きの場合があったりして、
「あれ?どう直せばいいんだっけ?」
と混乱してしまいますよね。

今回は結婚式招待状の返信はがきの宛名面を
どのように直せばいいのか、どうして直さなければいけないのか、
正しいマナーをご紹介します。

スポンサーリンク


宛名が縦書きの場合

返信はがきには宛名が既に書かれています。

その宛名の最後、「○○ 行」の「行」の字を
二重線か斜線で消し「様」に直します。

宛名が横書きの場合

縦書きの場合とほぼ変わりません。
宛名の最後、「○○ 行」の「行」の字を
横書きの二重線か斜線で消し「様」に直します。

宛名に新郎新婦の名前が書かれている場合

連名で名前が書かれていて、
「行」が一つしか書かれていない場合です。

「行」を消すところまでは今までと変わりませんが、
「様」を1つ書くか連名の人数分「様」を書くかで
悩んでしまうところだと思います。

人の名前にはお一人お一人に「様」を付けることが正しいマナーです。

連名になっている人数分だけ、
「様」を書きましょう。

スポンサーリンク

どうして「行」を消さなくちゃいけないの?

招待状を出す立場から考えると、
自ら「様」という敬称を付けた宛名が書いてある
返信はがきを招待状に同封するのはおかしいですよね。

自分に敬称を付けることになってしまいますからね。

したがって招待状の送り主は
返信はがきに「行」をつけています。

そのため、そのまま返信してしまうと
敬称がないままで返信することになってしまい、
受け取る方へ失礼になってしまいます。

だから「行」を消して「様」に書き直すことが必要になってきます。

招待状は正式なものですので、
正しいマナーを踏まえて返信することが大事です。

意外に細かいところを見られているものですから、
守るべきものは守って、
しっかり返信はがきを出しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ