おいしさそのまま!バナナの保存方法9つ!

バナナ
突然ですが、バナナはお好きですか?

私は大好きなんですが一度に沢山食べられないんですよね。
バナナの糖質やカロリーも気になるところなので、
バナナを房で買ってきたとき、どうやって保存したものか良く考えます。

ってことは、バナナの保存方法を知りたい方も多いのでは、
という事で、今回はバナナの保存方法を9つご紹介します。

スポンサーリンク


1.夏の季節のバナナの保存方法

風遠しが良い場所ですと3日程度の保存が可能です。

気温の高い季節は冷蔵庫での保存がおすすめです。

その際バナナを一本ずつばらして
ラップかポリティッシュに密封させて包みます。

バナナの皮が黒く変色しやすいのですが、中身には問題ありません。

2.冷蔵庫でのバナナの保存方法

一週間程度の保存が可能な方法です。

こちらもバナナを一本ずつばらして、
ラップやポリティッシュに密封させて包みます。
黒く変色しやすいのですが、中身には問題ありません。

ただ、冷蔵庫ではバナナの追熱が進まないので、
ご自身の好みの食べごろになるまで常温で保管してから、
冷蔵庫に移すのも良いでしょう。

スポンサーリンク

3.冷凍庫でバナナを保存する方法

一か月程度の保存が可能な保存方法です。
バナナを長く保存するための冷凍ですが、
私は冷凍バナナも結構好きだったりするので、
そのためだったりもします(笑)

冷凍庫に入れるとバナナの追熱が止まってしまうので、
自身の好みの食べごろまで常温で熟れさせると、
おいしく召し上がれます。

皮のまま冷凍することも可能ですが、
皮を剥いだ方がより長く保存することができます。

また、食べる際に皮を剥くために解凍する時間が必要ですし、
バナナが柔らかすぎて手間がかかってしまうため、
皮を剥いで保存しましょう。

方法は、皮を剥いだバナナをラップに包み、
フリーザーバッグに入れてなるべく密封させます。

色の変色が気になる場合は、
バナナにレモン汁をかけておくと良いでしょう。

また、スムージーなどの用途に使う場合は、
あらかじめバナナを輪切りにしてから保存すると、
使用する際に使いやすいです。

4.NHK「ためしてガッテン」でもご紹介されたお湯を使ったバナナの保存方法

バナナを房から切り離して一本ずつにすることにより、
一週間程度長持ち保存させる方法がありますが、
それを上回る、二週間の保存が可能な保存方法のご紹介です。

まず、40~50度のお湯を用意して、バナナを5分つけます。
お湯から取り出し、最低一時間は室温に置きます。
その後、ポリ袋に入れて野菜室で保存します。

すでに黒くなったバナナには効果はありません。

また、お湯の温度はバナナを入れる際に40~50度であれば良いので、
5分間お湯の温度を保つ必要はありません。

以下の動画が分かりやすいと思います。



5.ラップを使ってバナナを保存する方法

一週間程度の保存が可能な方法です。

まず、房のバナナを一本ずつ離してラップに包みます。
そのまま冷蔵庫に入れます。

見た目は黒く変色しやすいのですが、中身は問題ありません。

6.切り口のあるバナナの保存方法

切ったバナナはそのまま保存すると、
切り口から酸化して変色してしまいます。

そのため、切り口を酢水やレモン汁に付けて冷蔵庫に入れます。

また、バナナの皮を剥ぎ全体を酢水にくぐらすか、
レモン汁に浸して冷蔵庫での保存がおすすめです。

ただこの保存方法では既にバナナに切り口があるという前提のため、
1~2日が賞味期限なので、
早めに召し上がって下さい。

7.虫がつかないバナナの保存方法

傷みやすく長期保存が難しいバナナは、
腐ると虫が湧いてしまう原因にもなります。

そのため冷蔵庫での保存がおすすめです。

方法は別項目でも紹介した通りですが、
バナナを一本ずつ離しラップに包むだけです。
約一週間の保存が可能ですし、虫も寄せ付けません。

8.新聞紙を使ったバナナの保存方法

この保存方法は、
バナナが黒く変色することが気になる方におすすめの方法です。

バナナを一本ずつ新聞紙で包み、
冷蔵庫で保存します。
一週間程度の保存が可能です。

また、新聞紙で包んだバナナを発泡スチロールに入れると同様に保存が可能です。

その際、一日一回はふたを開けて空気の入れ替えをしましょう。

また、新聞紙が湿ってきたら、新しいものを用意しましょう。

9.離乳食用のバナナを冷凍して保存する方法

冷凍したバナナはすりつぶすときめ細かく、
とろみがでるので離乳食に向いています。

方法は、バナナの皮を剥き輪切りにします。
ラップを敷いて間隔をあけて並べます。
密封させて、ジップロックやフリーザーバッグに入れて保存します。

丸々一本でも保存ができますが、
この方法だと解凍する時間の短縮と、
切る手間が省けるのでおすすめです。

一か月程度が賞味期限の目安です。
ただ離乳食という用途上お早目にお使いになられる事をおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ