白菜のおいしさそのまま!白菜の保存方法5つ!

白菜の保存方法
冬場に旬を迎える白菜。

日持ちもそれなりにするし、
値段は結構上下しますが、
安くて使いでのあるお世話になる野菜の一つです。

今回はそんな白菜の賢い保存方法5つをご紹介します!

スポンサーリンク


1.白菜を冷凍で保存する方法

余ってしまった白菜は新鮮状態で冷凍することが可能です。

炒め物や煮物に使えるので、
用途に合わせて抵当な大きさにカットします。

フリーザーバッグなどに入れて密封します。

煮物や鍋に使う場合
冷凍した白菜は味が染みやすくおすすめです。

2.白菜を常温で保存する方法

夏の時期は、4~5日保存が可能です。

冬の時期は2~3週間の保存が可能です。
保存方法は数枚の新聞紙で白菜を丸ごと包みます。

風通しの良い冷暗所に根を下にして、
立てて保存しましょう。

スポンサーリンク

3.冬期間限定!家庭菜園でも有効な冬の白菜を保存する方法

白菜の消費に困っても、
冬の寒い季節は長期保存が可なので安心です。

方法は外側の葉も一緒に、
丸ごと一個の白菜を新聞紙で包みます。

室内の場合は、暖房の風が直接当たらないようにして、
4~5度前後の冷暗所で立てて保存します。
3~4週間の保存が可能です。

また、庭やベランダで保存する場合は、
凍らないように注意し同様に立てて保存します。

一週間程度の保存が可能です。

時々白菜の葉が腐っていたら取り除いたり
新聞紙が湿っていたら、新しいものに変えたりすることも鮮度を保つ秘訣です。

白菜を使用する場合、
切らずに外側の葉を一枚ずつ剥がして使用します。



4.カットした白菜の保存方法

カットした白菜は鮮度が落ちやすいので、
ラップに包み冷蔵庫で保存しましょう。

1週間程度の保存が可能ですが、
早めに使用することをお勧めします。

5.白菜の芯は上にしない!長期の保存ができる方法

上で既にご紹介していますが、
白菜の長期保存のポイントは立てて保存すること
なのです。

何故なら白菜は芯から腐敗するため、
その防止に芯を下にして立てて保存します。

白菜が畑で育てられている光景を見た事はないでしょうか。
縦に植わってますよね。
そのため白菜は縦に伸びようとしてエネルギーを消費する野菜です。
そんな白菜を横にして保存してしまうと、
横に置かれた状態から縦になろうとするんですね。

そうすると余計に糖分や水分を消費して傷みが早くなってしまう
というわけです。

この状態で新聞紙に包み、冷暗所で保存します。
3~4週間の長期の保存が可能な方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ