共働きで家事をしない夫、家事をしない妻の言い分・不満とは?

共働きで家事をしない夫・家事をしない妻
仕事が終わり疲れて帰宅すると、
そこにはやらなければいけない家事と、
何もしていないパートナーの姿が…。

共働きの夫婦はこんな家事をしない夫、
家事をしない妻に対して
苛立ってしまった経験はあるのではないでしょうか?

今回はそんな家事をしないパートナーの、
それぞれの言い分や
家事に対しての不満を集めてみました。

スポンサーリンク


家事をしない夫の言い分や不満

「何をどうすればいいのか、分からない」

家事をやりたいんだけどどうしたらいいのか知らない、
分からないタイプの夫の言い分です。

協力的な姿勢はあるため、
うまくコミュニケーションが取れれば、
お互いに家事を分担することができるかもしれません。

家事がうまくできない夫に
きつい言葉を浴びせたりしたら、
せっかくあるやる気もなくなってしまいます。

手伝ってくれる気持ちを尊重して、
優しく家事を教えてあげましょう。

夫側も、『家事ができない』ということを認めて、
変なプライドは捨てて妻に家事のやり方を
一つひとつ教えてもらうと良いでしょう。

その方が後々家事の方法を巡った確執が生まれにくくなります。

スポンサーリンク

「なんで俺の方が仕事が忙しいのに、家事をやらなくちゃいけないのか」

亭主関白が世の常だと思い込んでいるタイプの夫です。

このような考え方が一般的だと思うような家庭で
育ってきた可能性が考えられます。

こうなると、話し合いを重ねて考えを改めてもらうほかありません。

話し合いを重ねて、手を尽くしても変わらなくて、
妻側の人生に支障が出そうになってしまったら、
離婚も考えなくてはならないかもしれません。

夫側は働いている妻が
どれだけの負担を持って生活をしているのか、
一度考えてみてはいかがでしょうか?

家事をしない妻の言い分や不満

「私ばっかり家事をしていて不公平」

生活費を折半している場合に起こりがちな不満です。

夫はどこか『男は仕事、女は家事』と思っている節がありますが、
それは夫が家計を全てまかなっているからこそ言えるものです。

共働きをしている夫婦には通用しない
ということを二人が認識しなければいけませんね。

女性も仕事をしているのですから、
『仕事も家事も半分』です。

したがって女性だけが家事をする
ということには不満が出てくるのも道理です。

「少しだけ家事を手伝ったくらいで大きい態度を取られるとイラッとくる」

休みの日に少し料理を作っただけで、
周りの人たちに『妻の家事を助けている』
と大きな顔をされると不満を持つ妻が多くいるようです。

家事を手伝っているのは確かです。
しかし、大きな態度を取ると心象的には逆効果です。

また、料理を作ったら作ったで、
使い終わった食器の洗い物などはしているでしょうか?

中途半端に家事をやっても、
負担が軽くなったとは思われづらいものです。

いかがでしたか?

日頃、自分が感じている不満はありましたか?

またパートナーが感じている不満を理解できたでしょうか?

お互いに何が不満に思っているのかを理解して、
家事の分担をうまくできるようにしましょう。

また家事をしてくれるパートナーへの
感謝の気持ちを忘れないように心掛けると、
二人の関係もより良くなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ