加湿器いらず!部屋の湿度を上げる方法って?

湿度計
冬が深まってくると同時に、
乾燥が気になってきますよね。

乾燥は肌のトラブルや風邪の原因になりがちです。

乾燥を感じたら、
部屋の湿度を上げなければいけません。

しかし、加湿器を持っていない場合はどうすればいいのでしょうか?

実は、湿度を上げる方法は
加湿器だけではありません。

今回は、加湿器なしでも
湿度を上げる方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク


快適な湿度の目安

さて、湿度を上げる方法を知る前に
ひとつ知っていただきたいことがあります。

みなさんは体にとっての
快適な湿度はご存知ですか?

部屋の最適湿度は60%です。
最適湿度の下限は40%で、
それ以下になってしまうと
肌や唇に乾きを感じるようになります。

70%も湿度があると、
カビの生育条件に当てはまってしまいます。

部屋の中にカビが生えることを避けるために、
換気をした方が良いでしょう。

快適な湿度について理解はできたでしょうか?

それでは、湿度が60%を切っている場合の、
簡単な湿度の上げ方を見てみましょう。

スポンサーリンク

【1】濡らしタオル

湿度を上げるために一番効果的な方法は、
濡れタオルを室内で干すことです。

特に、バスタオルのような表面積の大きなタオルを干すことで、
大きな効果が得られます。

お風呂上がりに体を拭いたタオルを、
乾燥する場所に干しておくと
電力いらずで乾燥を防ぐことができます。

就寝時におすすめですよ。

【2】水を貼ったコップ

水を貼ったコップをそばに置いておくだけで、
湿度は5%も上昇します。

簡単な方法ですが、
手元に置いておくだけでよいので、
手軽に加湿することができます。

【3】やかん・電気ケトル

やかんにお湯を沸かしてから、
蓋を開けて部屋に置いておくと
湯気が部屋に充満し、湿度を上げることができます。

また、蓋を開けたまま電気ケトルのスイッチを入れると、
お湯が沸き続けるため、
簡易的な加湿器として利用できますよ。

【4】霧吹き

カーテンやカーペットなどの部屋に置いてある布製品に、
直接霧吹きで水をかけることも効果的です。

湿らせすぎると蒸発が遅くなり、
カビの原因になる可能性もありますので、
ほどほどに霧吹きで水を吹きかけてください。

【5】マスク

喉が痛くなるほど乾燥を感じる場合は、
マスクが有効です。

自分の吐く息で、口の周りと喉を
加湿することができます。

ビジネスホテルなど、乾燥している場所で寝るときは
マスクをして睡眠を取ることで乾燥対策になります。

乾燥対策はしっかりと!

加湿器なしでも湿度を上げることは十分可能です。
これらの方法を上手に使って、
快適な湿度を保ち、乾燥トラブル知らずで過ごしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ