結婚式にドタキャン!欠席せざるを得ない時の対処法とは?

結婚式
結婚式に招待されたけれど、
体調不良などのやむを得ない理由で
欠席せざるをえないこともあります。

そんな時どのようなタイミングで
欠席を伝えればよいのか、
失礼にならないような式後のご祝儀の渡し方をご紹介します。

スポンサーリンク


結婚式の欠席連絡はどうすれば?

出席することができないと分かった時点で、
欠席の連絡を新郎新婦に伝えることが好ましいです。

新郎新婦は席次表の用意や、
食事の手配をあなたのためにしています。

それらの手配は結婚式の約2週間前には
済んでいる場合が多いため、
欠席連絡は早めに取りましょうね。

マナー的に好ましくはありませんが、
式当日にドタキャンになってしまう場合は、
新郎新婦は着替えやリハーサルで忙しく、
直接の連絡はつき辛いです。

そのため、式場に電話連絡をしましょう。

ご祝儀はどうやって渡せばいいの?

当日の急なキャンセルの場合、
料理や引き出物は用意されているため、
出席する場合と同額のご祝儀をお渡しするのがマナーです。

結婚式や引っ越しなどが落ち着いた頃に渡すようにしましょう。

できれば直接顔を合わせて、
お詫びの言葉とお祝いの言葉を添えてお渡しすることで、
あなたにとっても新郎新婦にとっても、
気持ちよくこの件を終わらせることができますよ。

新郎新婦が遠方に住んでいる場合や、
直接渡すのが難しいときは、
現金書留でご祝儀を送りましょう。

もちろん出席できなかったお詫びと、
結婚のお祝いの言葉を綴ったお手紙を添えて、
お祝いの気持ちを伝えましょう。

スポンサーリンク

欠席するときにしてはいけないこと

自分が欠席になってしまうからといって、
勝手に新郎新婦との共通の友人などに
代理出席をお願いするのはマナー違反です。

空いた席をどうするのかは新郎新婦が決めることです。

自分の穴を埋めるために余計な行動なせず、
真摯に謝罪に徹しましょう。

またスピーチや余興をする予定だったのに、
出席できないとなると、
式の進行に支障をきたします。

またスピーチや余興を頼まれたということは、
新郎新婦と深い付き合いがあると思います。

後日、しっかりと謝罪とお祝いの気持ちを伝えましょうね。

お詫びとお祝いはしっかりと

たかが結婚式の出欠連絡と思われるかもしれませんが、
この対応次第で新郎新婦との
今後の付き合いにも影響を及ぼしかねません。

新郎新婦は結婚式に来てもらいたくて、
招待状を送ってくれたのです。

そんなゲストの欠席を
新郎新婦はとても残念に思っています。

マナーよく、お詫びとお礼をきちんと伝えることが大事ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ