淡路島に子連れ旅行するならここがおすすめ3選!

大阪から車で1時間30分程の距離にある淡路島。

実は淡路島は「キッズアイランド」と呼ばれているほど、
子どもに優しい島で子連れ旅行にはぴったりの場所なのです。

今回は、淡路島に子連れ旅行するなら
立ち寄って欲しいおすすめスポットをご紹介します。

スポンサーリンク



パン作りが体験出来る淡路ファームパーク イングランドの丘!

awaji1 コアラ、ワラビー、リスざるなどの
可愛い動物がたくさんいて
ふれあい体験もできる淡路ファームパークイングランド。

うさぎなどの小動物もいるので
小さなお子さんでも楽しめますよ。

コアラの形をした迷路や
面白い形をした自転車、
くるくる回るバンパーボートなど、
少し変わったユニークな遊具もたくさんあり、
子どもから人気があります。

さらに、淡路ファームパーク イングランドの丘では
パン作り教室、メロンパン作り、
アイスクリームなどの体験教室もあります。

自分だけのオリジナルパンや
アイスの味は一生の思い出になることでしょう。

是非ご家族みなさんで作ってみてください。

また、こちらで販売している
パンやミルクプリンなどの乳製品、
ソーセージなどどれも味は評判が良いので、
お土産として買って帰る方も多いようです。
立ち寄られた際は是非…。

スポンサーリンク


これぞ子どもが主役な遊園地! 淡路ワールドパークONOKORO!

淡路ワールドパークONOKORO ※ウィキペディアより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AFONOKORO

淡路島唯一の遊園地、淡路ワールドパークONOKORO。

淡路島の小学生は必ず遠足で訪れるというほど、
淡路島ではメジャーなスポットのようです。

こちらのアトラクションは
小さな子ども向けのものが多く、
乳幼児が主役になって1日中遊べる遊園地となっていますよ。

例えば、芝滑りは大人気。

ただ芝を滑るだけなのですが
意外にもスピードが出るようで、
大人も夢中になる人が多いですよ。

芝を滑ってはまた登りまた滑り…と
かなりいい運動になります。

他にも、マイナス20度の世界が体験できる
アトラクションなど少し変わったユニークなものもあります。

また、淡路ワールドパークONOKOROに来たなら
是非挑戦してほしいのがみんなで手作りする体験教室。

ガラスや陶器、オカリナの絵付け、キャンドル作り、
石鹸作りなど、全部で9種類の体験教室があります。

絵付けは40分、石鹸作りは20分からと
所要時間もちょうどいいのではないでしょうか。

わたしは小さい頃、家族旅行をする度に
食器やガラスのフォトフレームに絵付けをする体験をしており、
今でもそれは実家に飾られています。

思い出を振り返るきっかけにもなるので、
体験教室おすすめします!

是非一度挑戦してみてください。

甲子園球場の約10倍の広さ! 国営明石海峡公園!

国営明石海峡公園 http://awaji-kaikyopark.jp/enjoymap/yume.htmlより画像引用

国営明石海峡公園には、
その広大な土地を活かし
150種類もの遊具がある「夢っこランド」があります。

園内は子ども達の楽しそうな笑顔で溢れています。

遊具は、小学生の子どもが楽しめる
少しハードなものから、
乳幼児が楽しめる小さな子ども向けのものまで
様々用意されているので、幅広い年齢のお子さんが遊べます。

また、周りは一面が海となっている
国営明石海峡公園の景色はとても評判で、
美しく広がる青い海と四季折々の花々を見に訪れる方もいるようですよ。

ボートに乗ることもできるので、
湖から美しい景色を楽しむのもおすすめです。

公園内では、チューリップやうさぎの形をした
おにぎりなどのデコ弁も販売されていますよ。

もちろん、デコ弁意外にも
普通の弁当も販売されています。

広い芝生広場もあるので、
お天気が良い日には外でランチを楽しむのもいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ