リゾート地として人気のバリ島。実は子連れ旅行に優しい国なのです

毎年400万人を超える観光客がバリ島に訪れると言われていますが、
日本でもバリ島は人気の観光地の一つですよね。

物価も安く時差も少ないバリ島は子連れ旅行におすすめですよ。

バリ島ってどんな国?

バリ島 画像
日本とバリ島の時差はたったの1時間。
日本の方が1時間進んでいます。
時差が少ないと体調を崩しにくいですし、
子連れ旅行にとっても嬉しいですよね。

また、バリ島の気候は雨季と乾季の2つのシーズンがあり、
観光するならば4月から10月の乾季の時期がおすすめです。

気温は30度を超える日もあるくらいなのですが、
カラッとしているので過ごしやすいですよ。
雨季の方が気温は低いのですが、
湿気が多くなるので、ジメッとして乾季より暑く感じることも。
ただ、乾季は紫外線が強いので肌を露出する格好はおすすめしません。
真っ赤に日焼けしてしまうと辛いので、紫外線対策はしっかりとしていきましょう。

また、バリ島の屋内は冷房がかなり効いているので、
紫外線対策としても冷房対策としてもはおる衣服は必須です。
気になる飛行時間、成田空港からインドネシアまで直行便で約8時間。
セントレア空港、関空からは約7時間です。

お子さんが寝てくれればあっという間、
起きていると…って距離ですが、
バリ島にはこの時間をかけて行くだけの価値がありますよ。

スポンサーリンク


バリ島のホテルは子連れ大歓迎!

bari2
バリ島には、キッズルームや、
子ども用のプールが用意されているホテルが数多くあります。

例えば、インターコンチネンタル・バリ・リゾートは
プライベートビーチなのでビーチもとても綺麗に整備されていますし、
子ども用プールやキッズルーム完備。
空港から車で10分と、アクセスの面でも子連れ旅行におすすめと言えるでしょう。

他にも、グランドニッコーバリホテルには
世界各国のお子さんから大人気の施設があります。
なんと、子ども用のプールやスライダー、
ロッククライミングを楽しめるジャングルキャンプなどがあるのです!

日本にはホテルに併設されている施設で
こんなに大規模なものはないのではないでしょうか。

バリ島のホテルには日本語を話せるスタッフが常駐しているところが多く、
英語が苦手な人でも安心して楽しめますよ。

スポンサーリンク


バリ島の治安は?

bari3
バリ島はリゾート地として整備されていることもあり、
インドネシア国内ではかなり治安が良いです。

ただ、多いのがスリ。
バリ島は物価も安いので、それは嬉しいのですが、
だからこそ日本人はスリに狙われやすい!
日本人は、食事中に鞄を隣の椅子に置いたり、
椅子に引っ掛けたりする方もいるかと思うのですが、
海外でそれをやるとスリのターゲットにされてしまいます。
貴重品をポケットに入れたり、リュックも後ろから開けられると気がつかない場合もあるので危ないです。
斜めがけのバックや腰に巻くポーチなどがあると安心ですよ。

あと、「あの観光地行った?」「今からどこ行くの?」など、
道中で話しかけてくる人がいるのですが、
相手にしないのが一番です。

下手に返事をしてしまうとしつこくされる危険があるので、
スルーでいきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ