子連れ旅行におすすめ!広島県に行ったら「瀬戸内海クルーズ」を楽しもう!

hiroshima
最近クルージングが流行っていますが、
船酔いが心配な人ってきっと少なくはないはず。
普段船に乗る機会がないからこそ、わたしも不安です。

わたしのようなクルージング初心者さんにおすすめなのは「揺れが少ないクルージング」。
瀬戸内海は揺れが少ないため、船酔いしにくいと言われています。

もちろん個人差がありますが、少しでも揺れない方が安心ですよね。
今回は、子連れ旅行でも楽しめる瀬戸内海クルーズについてご紹介します。

スポンサーリンク



子連れ旅行でクルージングを楽しもう!

子連れ旅行には敷居が高いイメージのクルージングですが、
瀬戸内海クルーズはカジュアルな服装で参加可能。

ランチクルーズ、ディナークルーズ、サンセットクルーズの
3つのコースがあるのですが、
どのコースも乗船時間は2時間30分前後です。

長すぎず短すぎず、子連れ旅行でクルージングを楽しむには
丁度良い時間なのではないでしょうか。
一面に広がる美しい海の青と空の青は一生の思い出になるはず。

もちろん、サンセットや夜の海から眺める街のライトアップ、
月明かりに照らされた瀬戸内海はとても美しく、
ゆったりとした時間を過ごせます。
とっても贅沢な休日を味わえることでしょう。

スポンサーリンク

瀬戸内海クルーズが子連れ旅行におすすめな理由とは?!

瀬戸内海クルーズが子連れ旅行に嬉しい点は、
船内で頂く食事は予約内に伝えておけば
アレルギーにも対応してくれるというところ。

また、大きな食材や固い食材を伝えることで、
なるべく小さく、なるべく柔らかくして対応してくださるようです。

子どもが口にするものは、
例え旅行先だとしても妥協することなく意識しなくてはいけません。
そのため、こういった心遣いは
子連れ旅行にとってはとても嬉しいですよね。

授乳室やおむつ替えなども船員の方に伝えることで
スペースを設けてくれるそうなので、
予約の際に事前に伝えておくのもいいかも知れません。

憧れの船長さんになりきることだって出来ちゃう!

瀬戸内海クルーズには、安全な区域を通過する時に
3階にある操舵室に入ることが出来ます。

ここでは、船員さんが機器について丁寧に説明をしてくれたり、
船長服を着て記念撮影をすることも可能。

普段入ることの出来ない操舵室に入れるのも、
波の穏やかな瀬戸内海だからこそかも知れませんね。

きっと子どもにとって、クルージング旅行の
一番のビックイベントになるのではないでしょうか。

瀬戸内海クルージングの参考サイトは以下です。

瀬戸内海汽船GINGA
http://ginga-cruise.com/

瀬戸内クルージングポータルサイト
http://www.setouchi-cruise.jp/


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ