きゅうりの保存方法

きゅうり
きゅうりの特売の日についつい買い過ぎてしまう。

道の駅や地方への旅行の際に、
ついつい地元の農家の方の作った、
一袋に沢山詰め込まれたきゅうりを思わず買ってしまう。

後者は私の経験です(笑)

きゅうりが大好きなんですが、
一気に沢山の量は使い切れないんですよね。

そんなきゅうりの保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク


きゅうりを冷凍して保存する方法

水分を多く含むため、冷凍保存が向いていないきゅうりは、
水分をなるべく取り除いてから保存することがポイントです。

方法は、きゅうりを薄くスライスして塩をふり少し時間を置きます。

水分が出てくるので、
キッチンペーパーでできる限り水分を取ります。

そしてフリーザーバッグに密封して保存します。

ポテトサラダや酢の物に使用できます。

スポンサーリンク

塩漬けにしてきゅうりを保存する方法

1年程度の長期保存が可能な方法です。

手間をかけた分、よりおいしく召し上がれるでしょう。

まず、下漬け用の樽と本漬け用の樽を1つずつ用意します。

使用するきゅうりの重さを計り、
その15%の塩を用意します。

水洗いしたきゅうりに塩をすり込みながら樽にきっちり並べます。

隙間がなくなったら、上に塩を振りかけて、
同じ要領できゅうりを並べていきます。

全て並べたら余った塩をすべてふりかけ、
落し蓋と重石を乗せて5~7日漬け込みます。

下漬けの目安は水分が十分に上がっている状態です。
夏場は7日程度が目安です。
それ以上置くと、白いカビが生えてきてしまうので注意が必要です。

次に本漬けをします。

下漬けしたきゅうりの水を切り、

重さを計ってその重さの20%の塩を用意します。

下漬けしたきゅうりに塩をすり込みながら、
本漬け用の樽に並べて漬けていきます。
上部にいくほど塩が多くなるようにします。

完了したら落し蓋をして、重石を乗せます。

保存する際は、日光が当たらない場所が最適です。

夏場の気温が上がる時期は白カビが生えやすいので、
時々様子を見ることが長期保存の秘訣です。

常温できゅうりを保存する方法

きゅうりの保存に最適な温度は10度前後ですので、
気温の低い冬場のみ常温の保存が可能です。

方法はきゅうりの水気を拭き取り、
一本ずつ新聞紙かキッチンペーパーで包みラップをします。

ヘタを上にしてきゅうりを立てて保存します。

保存場所の気温によって変動しますが、2日程度の保存が目安です。

冷蔵庫できゅうりを保存する方法

夏場でも10日程度の保存が可能な方法です。

まず、きゅうりの水気を拭き取り、
一本ずつ新聞紙やキッチンペーパーで包みラップをします。

ヘタを上にして立てて保存します。

使いかけや切った状態のきゅうりを保存する方法

切り口にしっかりラップをして、冷蔵庫で保存します。
保存期間の目安は2~4日程度です。

またスライスした場合は、その分空気に触れるため、
1~2日程度の保存が目安です。

一週間程度保存したい場合は、
きゅうりを塩もみしてタッパーなどに入れて冷蔵庫で保存します。

使用する際は軽く水洗いして塩を落とすと、
サラダや和え物にも使用できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ