おいしさそのまま!メロンの保存方法

メロン
メロンを保存する際は7~10度が最適といわれています。

メロンの保存といっても、追熟させた方が良い場合や、
追熟させたメロンを保存する場合など、
それぞれに合った方法があります。

ここでは、メロンの状態にあった保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク



夏の時期に!食べ頃になるまでのメロンを保存する方法

丸のままのメロンは
基本的に常温保存が良いとされています。

メロンは冷蔵庫に入れてしまうと
追熟が止まってしまうため、
追熟するまでは風通しの良い冷暗所で保存します。

食べ頃になったら、食べる数時間前にポリ袋に入れて、
封をして冷蔵庫で冷やしましょう。

保存期間の目安は、収穫後7~10日程度、
食べ頃より2~3日程度です。

メロンの食べ頃の時期はとても短く、
その時期を過ぎると、
発酵して腐ってしまいます。

なので、食べ頃になったら、
出来るだけ早く召し上がって下さい。

また、半分にカットしたメロンや4分の1、
6分の1にカットした場合、
種を取り除き、ラップでしっかりと包んでから冷蔵庫で保存します。

一口大にカットしたメロンは、
密封できる容器や
ジップ付きの袋に入れて保存します。

保存期間の目安は、2~3日程度です。

スポンサーリンク

メロンを冷凍して保存する方法

メロンを冷凍してから、
いざ解凍して使用する際は
ベチャベチャした食感になってしまうため、
シャーベットに使用する用途であれば冷凍保存が可能です。

まず、メロンの皮と種を取り、適当な大きさに切り、
フリーザーバッグに入れて密封して保存します。

保存期間の目安は、1か月程度です。

また、追熟する前に冷凍すると、
そこで追熟が止まってしまいます。

固くて甘くないという場合は、
浅漬けやピクルスにして召し上がる方法があります。

また、砂糖や水飴で煮込んで
ジャムにする方法もおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ