おいしさそのまま!みかんの保存方法

みかん
大量にみかんをいただいた場合、
保存する方法を間違えると、
いつの間にかカビが生えていて
食べられなくなってしまったということもあるでしょう。

ちなみに我が家は母方の実家がみかん農家、
ということもあり、毎年大量のみかんが送られてきます・・・
とっても嬉しいんですが、
保存方法に気を使ってなかった昔はよく腐らせてしまってました。。。

そのような事態を避けるためにも
最適な保存環境にしておいしさを長持ちさせましょう。

スポンサーリンク


冬場におすすめ!段ボール箱を使ってみかんを保存する方法

基本的な保存方法として、常温での保存がありますが、
段ボールに入れっぱなしにしておくと、
乾燥したりカビが生えてしまったりしてしまいます。

そのため、風通しの良い冷暗所で保存します。
また、段ボールに入れっぱなしにしておくと、
下の方からカビが生えてきてしまいますので、
時々上のみかんと下のみかんをひっくり返しましょう。

乾燥防止のために、段ボールの下に新聞紙を敷き、
上からも新聞紙をかぶせて、ふたはしないで保存しましょう。

段ボールの底の方は通気性が悪く傷みやすいため、
底がメッシュになっている籠にみかんを移して、
その籠ごと段ボールに入れると通気性が良くなります。

籠がない場合は、新聞紙を丸めたものをそこに敷き詰める方法もあります。

みかんを詰める際は、鮮度を長持ちさせるために、
ヘタが下になるようにします。
保存期間の目安は、2〜4週間程度です。

スポンサーリンク

夏場におすすめ!みかんを冷蔵庫で保存する方法

2〜3週間程度の保存が可能な方法です。

冷蔵保存の場合、乾燥を防いで
保存するのがポイントです。

みかんを1つずつ新聞紙かキッチンペーパーで包んでから、
ポリ袋に入れて保存します。

みかんを冷凍して保存する方法

1〜3か月の保存が可能な方法です。

まず、みかんを皮つきのまま
金属トレイに並べて冷凍させます。

冷凍後、一度水にくぐらせて、
再び金属トレイに並べて冷凍します。

これにより、氷の膜を作って乾燥を防止することができます。
凍ったら、フリーザーバッグに入れて密封して保存します。

もう一つの方法は、みかんの皮を剥き、
一房ずつ分けて金属トレイに並べて冷凍します。

凍ったらフリーザーバッグに入れて密封して保存します。

いかがでしょうか。
冷凍保存の際の冷凍後一度水にくぐらせる方法は、
ここがポイントになりますので、
面倒に感じるかもしれませんが必ず行ってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ