風味を落とさない!三つ葉の保存方法

三つ葉
親子丼には欠かせない三つ葉。

赤だしの味噌汁にも三つ葉は良く合いますよね。

そんな三つ葉ですが、
一人暮らしの方や夫婦二人など、
少ない人数のご家庭では一回で使い切れず、
傷んでしまって捨ててしまう事も多いのでは!?

うちは夫婦二人なので中々一回では三つ葉を使い切れません。

残った三つ葉の風味を落とさず保存したいところです。

今回はそんな三つ葉の保存方法をご紹介!

スポンサーリンク


三つ葉の保存方法

数日で使い切れる場合は常温での保存も可能です。

方法は花束のように水を入れたコップに立てて保存します。
夏場はこまめに水を変えましょう。

三つ葉の冷蔵保存方法

消費に数日かかる場合は冷蔵での保存がおすすめです。

方法は濡らした新聞紙やキッチンペーパーで根元を覆い、
ポリ袋に入れて口を縛ります。
冷蔵庫で立てて保存します。
4~5日程度の保存が可能です。

三つ葉を乾燥させて保存する方法

また、三つ葉を乾燥させると長期保存が可能です。

方法はキッチンペーパーを敷いた皿に三つ葉を広げて並べて、
500wのレンジで5分程加熱します。
ペーパーに包んでほぐすと完成です。

スポンサーリンク

三つ葉の冷凍保存方法

冷凍保存する場合は、
葉の部分と軸の部分の保存期間の目安が異なるために、
別々に分けて保存することをおすすめします。

まず三つ葉を水洗いして、
キッチンペーパーで水気を拭き取り、
葉と茎を切り分けます。

茎は適度な大きさに切りましょう。

葉の部分はラップを広げて葉が重ならないように並べます。
そのまま包んで冷凍します。

保存期間の目安は2~3週間程度です。

茎の部分はラップに包んで金属製のトレーに並べて急速冷凍します。

その後フリーザーバッグに入れて密封して保存します。
保存期間の目安は1か月程度です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ