おいしさそのまま!水菜の保存方法

水菜
最近ではすっかりメジャーな野菜となった水菜。
私も良く使います。
鍋やおひたし、お揚げと一緒に炊いたり、
サラダにしたり水菜のシャキシャキを楽しみます。

でも結構食べきれなかったり残ったりするんですよね。

水菜は鮮度とともに味落ちも大きいので、
鮮度を保って保存したいところです。

鮮度を保つポイントは水菜を乾燥から防ぐことです。
ここではより長持ちさせる水菜の保存方法をご紹介します。

ちなみに鮮度の良い水菜の選び方は、
葉や茎がみずみずしくハリがあり、
ピンとしているものです。
また緑色が鮮やかで株の根元がきれいなものを選びましょう。

鮮度が落ちていると根元が茶色くなっています。

スポンサーリンク


水菜を冷凍して保存する方法

2~3週間程度の保存が可能な方法です。

まず水菜を水洗いして適当な大きさに切ります。
キッチンペーパーで水気を拭き取り、
フリーザーバッグに入れて密封して保存します。

またラップなどに小分けにしてから保存すると
使用する際に便利です。

冷凍した水菜はふにゃふにゃの食感になってしまうため、
汁物や煮物に使用することをお勧めします。

スポンサーリンク

常温は避けて!水菜を冷蔵で保存する方法

水菜は常温で保存するとすぐに葉がしなびてしまうため、
常温保存には向いていません。

鮮度を保つためには冷蔵で保存しましょう。

水菜を購入するとビニールに包まれた状態になっていますが、
そのままの状態ですと袋の中に水が溜まって
傷みやすくなってしまいます。

そのため根元の部分をキッチンペーパーで包むか、
濡らした新聞紙で包んで冷蔵保存します。

保存期間の目安は2~3日程度です。

より長持ちさせたい場合水菜を適当な大きさに切り、
水に1~2分程度さらしてからざるにあけて水気を取ります。

密封できる容器にキッチンペーパーを敷き、
水菜を入れてさらにキッチンペーパーをかぶせてから蓋をします。
この方法ですとシャキシャキとした状態で
8~10日程度の保存が可能です。
またキッチンペーパーが濡れたら交換するようにしましょう。

【参考動画】水菜の健康効果


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ