おいしさそのまま!長ネギの保存方法

長ネギ
長ネギは最もよく使う野菜の一つではないでしょうか。

ほっといても意外と持つので、
長ネギの保存方法を気にしたことのある方が、
少ないかもしれないですね。

そんな長ネギですが、
ちょっとした保存方法の工夫で、
味落ちを少なくすることが出来ます。

今回は長ネギの保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク


長ネギを冷凍して保存する方法

一か月程度の長期保存が可能な方法です。

使う用途に合わせて長ネギを刻み、
ラップやフリーザーバッグに入れて保存します。

味噌汁などにはそのまま使えるので便利な方法です。



長ネギを冷蔵庫で保存する方法

一週間程度の保存が可能な方法です。

長ネギの根を切り落とし、
白と緑の部分を切り分けます。

白い部分は10センチ程度に揃えて、立てて保存します。

スポンサーリンク

みじん切りにした長ネギを保存する方法

みじん切りにした場合、
そのまま冷凍庫で保存するのがおすすめです。

一か月程度の保存が可能ですし、
味噌汁などの調理の際には
そのまま使用できるので便利です。

収穫した長ネギを保存する方法

長期間保存が可能な方法です。

まず、収穫した長ねぎを新聞紙の上に並べて、
外で2週間程度乾燥させます。

そして一本ずつ紐につるして
風通しの良い場所で再度乾燥させます。

表面の皮がカラカラに乾いたら、
物置や貯蔵庫でぶら下げた状態で保存します。

泥付きネギを保存する方法

最も長持ちする方法は、
土の中に斜めに埋めて保存する方法です。
2か月程度の保存が可能です。

そのような場所がない場合は、
泥を洗わずに風通しの良い冷暗所で立てて保存します。
1か月程度の保存が可能です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ