おいしさそのまま!パセリの保存方法

パセリ
料理の付け合わせとしても活躍するパセリ。

飾りのイメージが強いのですが実は栄養価が高い食品です。

パセリの最適な保存温度は0度付近といわれています。
ここではパセリをより長持ちさせる方法や、
長期保存をする方法をご紹介します。

スポンサーリンク


パセリを乾燥させて保存する方法

まずパセリを水洗いして、水気をしっかり取ります。

電子レンジにキッチンペーパーを敷き、
その上に摘み取ったパセリを重ならないように並べます。

2分程度加熱して全体を混ぜてから
再び2分程度加熱します。

湿り気が残っているようであれば追加で加熱します。

若干の湿り気は冷めていくうちにパリパリしてきますので、
そのままポリ袋に入れて手で粉々にします。

タッパー等の密封できる容器に入れて保存します。

常温保存の場合保存期間の目安は2~3日程度です。
冷蔵保存の場合保存期間の目安は2週間程度です。
冷凍保存する場合保存期間の目安は数か月程度です。

パセリの色合いを保たせたい場合は、
常温保存よりも冷蔵保存や冷凍保存をお勧めします。

参考までにご紹介した方法とは異なりますが、
ルクエのスチームケースを使った乾燥パセリの作り方動画です。

【参考】乾燥パセリの作り方


スポンサーリンク

生のパセリを保存する方法

冷蔵庫で保存する場合新聞紙で包み、
ポリ袋に入れて保存する方法があります。

より長期間保存する方法は、
コップに水を入れてそこに茎からつけて、
全体をビニール袋で覆って保存します。

細長くパセリ全体が入りきる容器であれば、
水を少し入れてパセリを頭から入れてふたをしっかり閉めます。
ひっくり返して保存をすると、
使う際に取り出しやすくなります。

またより長持ちさせるために、
水は2~3日おきに交換しましょう。

保存期間の目安は1~2週間程度です。

パセリを冷凍して保存する場合、
パセリを水洗いして水気をしっかり切ってから、
フリーザーバッグに入れます。

凍ったら袋の上から手だ粉々にします。
保存期間の目安は1か月程度です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ