おいしさそのまま!れんこんの保存方法

れんこん
れんこんって一回で使い切れなくないですか?

私はれんこんを一回で使い切れません・・・

でも私も家族もれんこん好きなので、
良く買ってきてははさみ揚げ、きんぴら、
れんこんもちなど色々作ってます。

一回で使い切れないけど、
続けてれんこんばかり出すと家族が不満を言います。
なので上手にれんこんを保存して、
れんこんメニューが続かないように工夫しています。

スポンサーリンク


れんこんの保存方法

れんこんは乾燥に弱いため、
乾燥を避けて保存することがポイントです。

一節まるごとのれんこんを保存する方法は、
れんこんを濡れた新聞紙で包み、
ビニール袋に入れて野菜室で保存します。

泥が付いたものはそのままの状態で保存します。
保存期間の目安は1週間程度です。

節の途中で切れているものは穴の部分に空気が入ると、
変色したり水分が抜けてしまったりするので、
空気が入らないようにラップに包んで保存します。

保存期間の目安は2~3日程度です。

この方法ですと冬場は常温での保存も可能です。
風通しの良い場所で保存しましょう。

また、2~3週間保存したい場合は、
タッパー等の密封できる容器に入れて、
れんこんがしっかりと浸るまで水を入れて、
蓋をして冷蔵庫で保存します。

水は1~2日に1度交換するようにしましょう。

れんこんは皮を剥いたり切ったりするとすぐに変色してしまいます。
そのため、すぐに使わないようであれば、
密封できる容器に入れて水に浸して保存しましょう。

さらに薄い酢水に漬けておくとあく抜きにもなりますし、
変色を抑えることができます。
保存期間の目安は、4~5日程度です。

スポンサーリンク

酢がポイント!れんこんを冷凍して保存する方法

一か月程度の保存が可能な方法です。

方法はれんこんの皮を剥き、スライスしたものを薄い酢水に2~3分浸します。
浸し終わったらキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取り、
フリーザーバッグに入れて密封して保存します。

また、より鮮度や食感を楽しむ方法として、
酢水で固めに茹でたものを冷凍するのがおすすめです。

使用する際は解凍せずに凍ったまま、
煮物や炒め物に使用すると良いでしょう。

水煮のれんこんを保存する方法

市販でもよく売られている水煮のれんこんですが、
開封したものの使い切らなかった場合は、
タッパー等の容器に移して、水にさらして冷蔵保存します。

3日程度の保存が可能です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ