結婚式の招待状における返信はがきとメッセージの書き方は?

結婚式の招待状
結婚式への招待状が届いたけれど、
返信はがきにどうやって返信をすればいいのか、
困ったことはありませんか?

出席に丸をつけるだけではなくて、
お祝いのメッセージも添えたいですよね。

今回はマナー違反にならずに、
祝福の言葉を送るための返信はがきの書き方や、
メッセージの例文をご紹介します。

スポンサーリンク


返信はがきの書き方

返信はがきは正式には毛筆や万年筆を使って書くことがマナーとされています。

しかし、ボールペンでも失礼にはなりません。
何で返事を書くにしろ、インクの色は必ず黒色にしましょう。

丁寧に心をこめて書くことが一番ですよ。

結婚式に出席する場合は「出席」も文字を丸で囲みます。

「御出席」などの「御」は、受け取った側に対する敬語になるため、
必ず二重線や「寿」の文字を上に書いて消しましょう。
他にも「御名前」や「御住所」と記載してある場合も、
「御」を忘れずに消しましょう。

返信はがきの宛名には予め新郎新婦の名前や、
その親御さんの名前が書いてあると思います。

その宛名の最後の「行」を二重線で消して、
「様」と書きなおしましょう。

招待状の返信はがきは早めに返事を返すのがマナーです。
届いてから2~3日後には返すようにしましょう。

式当日の予定を調整するために返信が遅れてしまう場合は、
新郎新婦に電話やメールで連絡を取っておきましょう。

新郎新婦にとっては返信が返ってこないと不安ですし、
出席者の数は早めに確定したいものですからね。

スポンサーリンク

メッセージの例文

招待状の返信には一言でもメッセージを添えると喜ばれます。

しかし、新郎新婦だけが目を通すわけではないかもしれないため、
フランクすぎるメッセージは避けるのが無難でしょう。
「お祝い事に終止符を打たない」ために、
招待状では句読点が使われていないと思います。

そのため、あえて返信はがきで句読点を使わないと良いかもしれませんね。
ここからは、祝福の気持ちが伝わるメッセージの文例集をご紹介します。

基本系

「ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
慶んで出席させていただきます」

「お招きいただきありがとうございます
お二人の晴れの門出に立ち合わせていただくことを
とても嬉しく思っております」

友人の場合

「ご結婚おめでとうございます
慶んで出席させていただきます
幸せなお二人に会えるのを楽しみにしていますね」

「この度はおめでとうございます
お招きありがとうございます
結婚式まで忙しいとは思いますが体に気を付けてね」

まとめ

基本的なマナーや書き方は存在しますが、
一番大切なことはお祝いの気持ちを新郎新婦に伝えることです。

心をこめて、返信はがきを書けば問題が出ることはありませんよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ