共働き扶養問題!共働き夫婦に子供が生まれたら、どちらの扶養に入れればお得になる?

fuufukodomo
子どもが生まれたけれど、
夫婦とも働いているから扶養控除はどちらにすればいいのか、
いまいち分からない方もいらっしゃると思います。

二人とも正社員として朝から晩まで働いている場合は、
どちらの扶養にもできるからこそ、迷ってしまうものです。

今回はどちらの扶養にするとお得なになるのか、
税金や健康保険から考えてみます。

スポンサーリンク


扶養控除についておさらい

扶養控除とは所得税として支払っていたり、
お給料から天引きされている部分の金額の一部が戻ってくる制度のことです。

配偶者や子供など養わなければいけない家族が多いほど
生活が大変になってしまうため、
そのような条件に当てはまる人に対して
税の負担を軽くするためにこの制度があります。

子どもがいない夫婦が正社員として働いている場合は、
扶養控除の条件に当てはまるケースは少ないですが、
子どもが生まれた場合は扶養控除の対象になります。

子どもを扶養に入れるとき、どちらの扶養がお得?

共働き夫婦の場合、法律上は子どもを
どちらの所得者の扶養にするか選択しなくてはなりません。

ここで先ほど説明した扶養控除の仕組みを踏まえて
改めて考えてみましょう。

「収めた税金などの一部が戻ってくる制度」ということは、
税金を多く収めている方、
つまり子どもを給料が多い方の扶養にした方が、
返ってくる金額が多くなるということです。

そうした方が断然お得ですよね。

兄弟が生まれた場合は、
もちろん収入が多い方の扶養に入れた方がお得です。

しかし夫婦の収入がそれぞれ同じくらいだとしたら、
それぞれの扶養に1人ずつ入れるという選択肢もあります。

共働きをしていて子どもが2人以上いる場合は、
一度計算をしてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、控除額が多くなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

会社の健康保険や補助制度にも注目

子どもが生まれた場合、
勤務先の会社が健康保険組合や全国健康保険協会(協会けんぽ)に報告をすることにより、
子どもは扶養家族になります。

この2つでは、どちらがお得なのでしょうか?

健康保険組合ではインフルエンザワクチンの
予防接種の補助を行っている場合があります。

協会けんぽではそのような補助制度はありません。

夫婦がどちらの組織に加入しているのか、
調べてみるのも扶養を選択するための指標になるかもしれません。

加えて、会社によりますが扶養家族がいる場合は
家族手当の支給があるところもあります。

夫婦で会社の制度を比べて扶養を決めるのもありです。

共働きではなくなった場合は?

例えば、妻が妊娠・出産を機に共働きから専業主婦になった場合は、
確定申告を行って収めすぎた税金を返してもらいましょう。

退職したときに会社からもらう源泉徴収票は、
確定申告に必要になることを覚えておきましょうね。

まとめ

共働きの扶養控除の利用方法についてご紹介しましたが、
最後に箇条書きにしてまとめました。

  • 扶養控除は家族がいる人のための税金の負担を軽くするための精度
  • 「共働きで扶養控除を利用する場合は、収入が多い方の扶養にする」方がお得!
  • 補助制度や家族手当のチェックもしてみると良い
  • 一方が仕事を辞めた場合は、確定申告を忘れずに行う

共働き夫婦は収入があるゆえに、
引かれる税金も多いです。

そのお金を無駄にしないためにも、
扶養控除が使えるのかどうかしっかり判断してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ