共働き夫婦における4タイプの家計分担&管理の方法とは?

共働き 家計分担と家計管理
夫婦で共働きをしている家庭にとって、
家計の分担や管理についてどう決めればいいものか、
とても悩ましいことですよね。

今回は共働き夫婦がどのように家計の分担や管理しているのか、
主流な4タイプをご紹介します。

是非共働きの方は日々の家計の分担や管理に参考になさってください。

スポンサーリンク


【1】支出別に分担タイプ

生活費の支出項目、つまり食費、日用品、家賃などの項目別に、
夫か妻のどちらが負担するかを最初に決めて、
家計を管理するタイプです。

家計以外の残った分は、
二人それぞれのお小遣いや貯金に回すことになります。

このタイプでは新婚の時は公平に見えますが、
子どもが生まれ保育料や子どもの用品などで支出が増加していきます。

それぞれお互いの負担額が見えないまま、
自分の負担が増えていくので不満が増す
という問題が発生するかもしれません。

お互いの負担額が分からないままでは、
共働きなのに家計を二人で支えているという気持ちが
薄れがちになってしまいます。

それぞれに収入と支出を伝え合うことを忘れずに行えば、
うまく管理ができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

【2】使った費用を計算して折半タイプ

このタイプは二人で使った生活費を毎月きっちりと家計簿をつけて計算し、
自分が支払った金額との差額を精算して、
きっちりと夫婦で半分の家計を出し合うという方法をとります。

共働きだからこそ夫婦で相談をして、
事前に精算対象の支出項目を決めておきます。

細かく家計簿をつけることに慣れていれば
問題なく精算をすることは可能ですが、
二人で家計簿をつけると決めたのに、
一方が家計簿をつけなかったりするとこのシステムが崩壊してしまいます。

一人で家計簿をつけると決めても、
同様のことは起こり得てしまいます。

この方法では精算対象以外の支出について二人で把握しきれない上、
貯金額も二人の認識を共有することができません。

せっかく家計簿をつけているのですから、
収入額と貯金額もつけてみるとより
共働きでの家計管理がしやすくなるでしょう。

【3】一人におまかせタイプ

主に夫側で見られるタイプですが給料の一定の金額を相手に渡して、
家計管理を全て一任するタイプになります。

一定の金額ということがミソで、
生活費に少しの余剰を足した金額を渡すパターンが多いようです。

『一定の金額』以外のお金の使い道が見えないため、
お金を渡された方が不安を感じさせてしまいます。

一方、渡した方は生活費を別のことに使っているのではないか、
という不安に駆られてしまいます。

お金の行先が分からないことは
お互いを疑ってしまうことに繋がってしまいます。

不安を解消するためには、お金を渡す方は全額を渡し、
お小遣い制をとることが一番の解決法になるでしょう。

家計を管理する方は月々の家計の管理状況を
報告すれば不安は生まれなくなります。

お互い収入を得る共働きだからこそ、
ガラス張りにすることは非常に重要です。

【4】共通の口座に必要費用を入れるタイプ

お互いの給料額から毎月いくらずつ出し合うと決め、
二人の共通口座にお金を入れて、
そこから生活費をまかなうタイプです。

必要な生活費の管理がとても簡単というメリットがありますが、
お互いが出し合う金額以外のお金の管理については
本人次第になるという点がトラブルを生む可能性があります。

お金が必要な時に生活費以外を使い込んでいた
ということも起こりかねません。

共働きに限りませんが家計の管理は生活費だけではなく、
貯金することも管理の内です。

生活費用の口座と同じように、
貯蓄用の口座を作って毎月お金を入れていけば、
生活費だけではなく貯蓄もできるようになるでしょう。

二人が管理しやすいやり方で

共働きでの家計の分担と管理の方法、
4タイプをご紹介しましたがいかがでしたか?

夫婦二人がお互いに納得した形で家計の管理ができるように、
相談しあって自分たちに向いている方法を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ