共働きの子育て 疲弊しない子育てにするために

共働き夫婦の子育て
子供が生まれてからも子育てしながら
仕事を続けている夫婦は増えています。

そんな共働き夫婦は仕事に子育てに追われ、
日々余裕のない大変な生活を送っています。

そこで今回は、
共働き夫婦が仕事と子育てを両立していくためのコツ
をご紹介していきます。

スポンサーリンク


夫婦でやらなければいけないことを把握する

仕事で疲れているのに、
家に帰れば子育てだけではなく
家事もやらなくてはいけない毎日。

お互いに疲れていることは分かっているのですから、
うまく分担をして、
やらなければいけないことを消化していかなくてはならないことは明白です。

『どうして私だけ…』『俺ばっかり…』といった不満が募ってしまうと、
家庭内が険悪なムードになり子供の成長に悪影響です。

そこで、できれば子育てが始まる前から
夫婦で分担についての話し合いを行い、
お互いが納得できる形をつくっていきましょう。

生活リズム、仕事の都合、子供の年齢などに合わせて、
「私は子供のお迎えは遅くまで仕事があってどうしてもできないから、あなたにお願いしたい」
といったように、一つずつ必要なことの分担を二人で考えていきましょう。

ただただ負担を半分にするだけではなく、
夫婦間で思いやりを持って分担を決めましょう。

分担を決めたあとは、実際に分担通りに動いてみましょう
分担に無理があると感じるようでしたら、
やはりまた話し合って無理があった部分の修正をしていきましょう。

このような調整は仕事でもよくあることです。
相手に腹を立てないよう、柔軟に対応していきましょう。

そして、お互い仕事で疲れていたり忙しくても、
子育ての事も含めて会話を意識して持ちましょう。
もちろんお互いの仕事の状況についても知っておく方がいいでしょう。

仕事の状況がどうなのか理解し合う事で、
相手の状況に対する思いやりが持てれば、
子育てに関する分担も相手の負担を考えながら話せるはずです。

スポンサーリンク

その仕事が今やらなければいけないのかを考えてみる

お給料をもらうためには、
仕事をしっかりとすることが必要不可欠です。

しかし、その仕事は『本当に今やらなければいけないこと』なのか、
考えたことはあるでしょうか?

よく考えてみると、今すぐに必要な仕事ではなかったり、
他の人にやってもらっても問題がなかったり、
期限に余裕があったりする仕事かもしれません。

仕事を一生懸命やることは良いことですが、
少し立ち止まって考えてみると見えてくるものもあります。

もしかしたら、仕事の時間を少し短くするこができて、
家庭での時間を作ることが可能かもしれませんよ。

共働きという環境の中で時間の管理を行い、
子育ても仕事にも手ごたえを感じられれば
子供の成長だけではなく、
自分自身もそして夫婦関係もより良くなるのではないでしょうか。

子育てをスムーズにできるように工夫をする

子育てに必要なものはたくさんありますよね。

乳幼児ならミルクやおむつなどが必需品です。
また、子供が成長してくるとお洋服を汚してしまって、
着替えさせなくてはいけなくなったりします。

そのような必要なものがどこにあるか
夫婦二人とも把握はできているでしょうか?

お互いが「あれはどこに置いてあるんだっけ?」
と聞くことはお互いにストレスになりますし、
何より効率的ではありません。

使うものは使う場所や分かりやすい場所に収納して、
必要な時にパッと取り出せるようにしましょう。

共働きだからこそ子育てがしやすい環境をつくることはとても重要です。

すべて完璧にしようとしないこと

仕事に子育て、共働きの夫婦は本当に毎日が忙しいです。

その中で、出来ないことがあるのは当たり前
あなたの夫や妻にも出来ないことはあります。
すべてを完璧にできる人間はいないのです。

だからこそ、出来ないことをぐちぐち言い合うのではなく
共働きだからこそお互いに助け合いながら、
仕事と子育てを両立した家庭を作っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ