結婚式で受付を頼んだ方へのお礼の相場と渡し方

結婚式 受付の方へのお礼
二人の新しい門出を祝う結婚式。

たくさんのゲストをお招きする場になるため、
誰かに受付を頼まなければなりませんよね。

そこで少し気になることは、
受付をお願いした方への「お礼の準備」

どんなお礼を用意すればいいのか、
どうやってお渡しすればよいのか、
よく知らないという方はたくさんいらっしゃると思います。

そこで、今回は結婚式に受付をお願いした方への
お礼について解説いたします。

スポンサーリンク


受付をしてくれる友人へ、お礼は必要?

一般的に結婚式の受付は友人にお願いすることがほどんどです。

新郎新婦ともにとても仲が良い友人が
「やりたい!」と手を挙げて引き受けてくれたとしても、
お礼は渡すようにしましょう。

結婚式の受付は、
一般ゲストよりも早く会場に着いていなければなりません。

女性であればドレスアップや髪のセットもあるため、
早めに準備をしなければなりません。

新郎新婦のためにわざわざ時間を割いて
受付をしてもらうのですから、
お礼をするのは自然な流れですよね。

お礼は品物ではなくお金を渡すのが一般的です。

引き出物なども渡すため、
式場から帰る時時の荷物を増やすのも
なんだか申し訳ないですよね。

加えてお礼を現金で頂いて
悪い気をする人はいないものです。

スポンサーリンク

結婚式の受付 お礼の相場と渡し方


お礼の金額はどれくらい?

結婚式の受付のお礼の金額は、
一般的に3,000~5,000円が相場といわれています。

またお礼用のお金は必ず新札を用意しましょう。

結婚式に出席するとき新札を用意しますよね。

新郎新婦からお礼を渡すときも、
新札を用意するのがマナーです。

お礼はポチ袋に入れましょう

お礼としてのお金を渡すときはポチ袋を用意しましょう。

1万円以下の金額をお渡しするときは、
お祝い袋ではなくポチ袋の方が良いです。

値段と中身が釣り合っていないと、
変な気分になってしまいますからね。

袋の表書きには「お礼」「寿」のいずれかを選んで記入してください。
その下に、受付をお願いする人の苗字を記入しましょう。
「お車代」もお渡しする方の場合は、
ポチ袋を分けてお渡しする方が分かりやすいでしょう。

お礼のお渡しは親にお願いしておきましょう

受付をしてくれた方には、
新郎新婦から手渡したいという希望もあると思います。

しかし結婚式当日の新郎新婦は非常に忙しく、
受付がどのように行われているのか
見る暇すらない可能性が高いです。

したがって両親のどちらかに頼んで
受付の方にお礼をお渡ししてもらいましょう。

お礼を渡すタイミングは受付が始まる前です。

「本日はどうぞよろしくお願いいたします。」とお伝えして、
渡すようにお願いをしておきましょう。

心をこめて

結婚式の受付をしてくれた方へのお礼について
ご紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

お礼はただ渡すものではなく、
細やかな心づかいによって
感謝の気持ちを伝えるものです。

心をこめてお礼をお渡しできるように、
準備をしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ