おいしさそのまま!ズッキーニの保存方法のご紹介

ズッキーニ
ラタトゥイユなどの西洋料理の食材としておなじみのズッキーニ。

夏の時期が旬で栄養も豊富な食材です。

ここでは、より長持ちさせる方法や、
自家栽培する際に役立つ保存方法ご紹介します。

ズッキーニを保存する方法

そのままの状態での保存する場合、
1本ずつラップや新聞紙で包み、
風通しの良い冷暗所か冷蔵庫で保存します。

保存期間の目安は1週間程度です。

切ったズッキーニは、
切り口にしっかりラップをして
冷蔵庫で保存します。

保存期間の目安は、4~5日程度です。

スポンサーリンク

ズッキーニを冷凍して保存する方法

2週間程度の保存が可能な方法です。
ズッキーニを冷凍した場合カレーや煮込みで使用しましょう。

そのため用途に合わせて適当な大きさに切ります。
その後レンジで固めに仕上がるように加熱します。

加熱後にそれをトレイに並べて冷凍します。

凍ったらフリーザーバッグに入れて密封して保存します。
使用する際はそのまま使用できます。

また、ズッキーニは油と相性の良い野菜なので、
調理してから保存するとおいしく召し上がれます。

まずズッキーニを5㎜程の輪切りにして、
サラダ油やオリーブ油で両面に焼き色がつくまで焼きます。

これに軽く塩をふり、
冷ましてからトレイに並べて冷凍します。

完全に凍ったらフリーザーバッグに入れて
密封して保存します。
ピザのトッピングや、パスタの具として使用できます。

スポンサーリンク

【番外編】ズッキーニの雄花や花粉を保存する方法

家庭菜園でズッキーニを栽培されている方向けの情報です。

ズッキーニは雄花だけ咲いたり、
雌花だけ咲いたりする場合があるため、
人工受粉により実になる確率を高めるために
雄花を保存する場合があります。

方法は雄花を摘み取り、
ジップロックなどに入れて冷蔵か冷凍して保存します。

【参考】ズッキーニの人工受粉の方法


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ