格好いい!でも気になる大型バイクの維持費

oogatabike

大型バイクの維持費がいくらかかるのか

大型バイク、大人になってから大型バイクに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

大型バイクにまたがる自分を憧れだけで終わらせない、
そんな方に向けて大型バイクの維持費に関する情報をお届けします。

バイクには原付・原付二種・普通自動二輪・大型自動二輪の免許があります。
バイクの排気量によって維持費が変わってきます。

自賠責保険・駐車場代・ガソリン代・車検代・任意保険
・重量税・軽自動車税・消耗品代などが主に維持費でかかってくるものです。

バイクの場合、車と違って250cc以下は車検がありません。
大型バイクは250cc以上あるの2年間に1度車検を受ける必要があります。

内訳は自賠責保険13640円(2年間)、車検代2万(ユーザー車検)、任意保険25000円、
重量税5000円、軽自動車税6000円という感じです。

ガソリン代や消耗品台は走行距離によって大幅に変わってきます。
大型バイクの年間維持費は平均で12~16万円くらいかかります。

スポンサーリンク

大型バイクの年間維持費について

大型バイクの年間維持費は12~16万円と言われています。
なぜ差があるのかというと大型バイクといっても車種によって特色が違うからです。

大型のスーパースポーツと言われるタイプのバイクは燃費はリッター10~15km程度です。
タイヤの消耗も激しく、またスポーツタイプのバイクなのでタイヤも
ハイグリップタイヤといわれる高価なタイヤを使用しています。

燃費と消耗品の差が同じ大型バイクでも維持費の差になっています。


大型バイクの維持費は実は安い?

大型バイクの維持費は任意保険や車検のことだけを見ると
250cc以上のバイクと対して差がありません。

そこだけを見ると安いと感じてしまうかもしれませんね。
ただ、維持費で一番かかるのはガソリン代です。

同じ距離を走ったら当然ガソリン代が多くかかるし
維持費もかかってしまうことになります。

他にも消耗品代が全般的に高くなります。
大型バイクの場合、タイヤやブレーキパットなどの消耗品は
交換サイクルが早くなります。

エンジンオイル量も排気量にともなって増えるので交換時には
オイル代がよりかかることになります。

トータルでみたらやはり大型バイクの維持費は400cc以下の
バイクより確実にかかります。

スポンサーリンク

大型バイクの維持費と軽自動車の維持費について

軽自動車と大型バイクの維持費を比べた場合には全体的に
軽自動車の方が高くなります。

自賠責保険は倍近くかかりますし、駐車場代・ガソリン代・任意保険・
車検代・重量税・軽自動車税・消耗品代などばどれも大型バイクより
かかります。

自動車取得税という大型バイクにはない軽自動車だけにかかる税金もあります。
大型バイクの年間維持費が12~16万円だとするとその倍はかかると思います。


大型バイクの月にかかる維持費

大型バイクの維持費には自賠責保険・駐車場代・ガソリン代・車検代・任意保険
・重量税・軽自動車税・消耗品代などがあります。

大型バイクの月にかかる費用は自賠責保険などを月割にして1万~1万5千円
かかります。

維持費で一番かかるのがガソリン代ですが、年間1万キロ走る計算で出しています。


大型バイクのハーレーの維持費

大型バイクの中でも人気のある車種ハーレー。
大型バイクの中でもハーレーは1000ccを超える
排気量の車種も多いので維持費も変わってきます。

自賠責保険・駐車場代・車検代・任意保険
・重量税・軽自動車税などは他の大型バイクと
ほとんど変わりません。

ハーレーの維持費で一番かかってくるのはガソリン代と
消耗品代でしょう。

1000ccを超えるハーレーの場合リッター10kmを下回る
燃費です。平地で一定の速度で走れば10kmを超えることも
あると思いますが、実際は信号やストップアンドゴーの
連続なので燃費は悪くなります。

消耗品ですが、タイヤの消耗が早いですね。
重量が300kgを超えるものもありタイヤへの負担が大きいので
タイヤの減りも早くなります。

重量が重いためにブレーキへの負担も大きくブレーキパットや
ディスクローターなどの消耗も早いです。

排気量が大きいのでオイル交換時のオイル量も多くなります。
よってオイル代も多くかかってしまいます。


大型バイクの保険と維持費について

大型バイクは普通自動二輪や原付・原付二種のバイクと比べると
保険料は高くなります。

バイクの保険には法的に入ることが義務付けられている自賠責保険と
任意保険があります。

自賠責保険でいうと250ccのバイクと比べると倍以上の金額差になります。
任意保険は保険会社によって価格差があります。

基本的には対人対物無制限の保険に入ると思いますが、その他に特約
というのをつけることによって値段が高くなります。

たとえば事故を起こした時に弁護士をつけるという特典をつけたり
同乗者も補償するという特典をつけた場合などです。

年齢によっても保険料が違ってきます。
どの保険も年齢が若いほど保険料が高くなります。

他にも盗難保険がありますが、大型バイクの場合、車種の価格が
高額になることもあり、それにともなって保険料も高くなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ